補助金の解説と申請をサポート

補助金申請の報酬と採択率の関係について

 

 先日、弊所にお電話をいただいた方から「報酬が高いので、依頼は控えたい」旨のお話を伺いました。
 高い・安いは相対的な判断なのですが、「報酬の多寡と採択率の関係」について、ものづくり補助金総合サイトに興味深いデータが示されていますので、ご紹介させていただきます。

お問い合わせ

 電話:050-3555-7830(平日:10〜18時)
 Mail:メールフォーム

ものづくり補助金のデータについて

 ものづくり補助金総合サイト「データポータル」では、令和元年度補正予算事業・令和2年度補正予算事業のこれまでの申請及び採択状況のデータをまとめています。
★ものづくり補助金総合サイト「データポータル

 

 その中に、「支援者の関与(補助金に対する報酬の比率)」という項目があり、「支援の有無・報酬割合」と「採択率」に関するデータを公表しています。

 



※ いずれも左から順に「支援なし」、「支援あり/報酬なし」、「支援あり/報酬〜5%」、「支援あり/報酬〜10%」、「支援あり/報酬〜15%」、「報酬それ以上」を示しています。

データの分析について

 このデータにおいて注目すべきは、以下の点だと考えます。

〇半数が「支援なし」で申請している。
〇「支援なし」よりも「支援あり」の採択率が高く、最大で2割程度の差異がある。
〇報酬割合が高いほど、採択率が高くなる傾向がある。

 報酬割合と採択率の関係については、報酬5%まで<報酬10%まで<報酬15%までの順で、採択率が向上していることが明確に読み取れます。
 なお、「報酬15%超」の採択率が「報酬15%まで」よりも低くなっていますが、母数が少ないため、データとしての価値は小さいと考えます。

 

 また、「支援あり/報酬なし」というグループが2割程度存在し、「支援なし」よりも採択率がよく、採択率に関しては「報酬5%まで」のグループに肉薄していることが注目されます。
 ただ、このグループは、融資先(金融機関)等から支援を受けたものと考えられ、融資先に支払う金利負担などが「報酬」に相当するものと考えられるため、実質的には「報酬5%まで」グループに相当するものと考えられます。
 くわえて、このグループにおいても「報酬15%まで」のグループと比較すると、15%近い採択率の開きがあることは、「報酬と採択率」の相関関係を如実に表しているといえます。

 

 これは、弊所のような補助金申請をサポートする立場から考えると当然のことで、「報酬15%の仕事」であれば「報酬5%の仕事」よりも3倍時間をかけることができるため、それだけ丁寧に申請書類を作成し、採択率を高められることが、データとして表れているからと説明できます。

申請者様の立場から考える

 以上を踏まえて、申請者様の立場で考えると、以下の3つの方針があると考えられます。

申請方針 採択率
@支援なし 4割程度
A支援あり/報酬10%まで 5割程度
B支援あり/報酬15%まで 6割程度

※「支援あり/報酬なし」は、融資先などへの金利負担などから、実質的には「報酬5%まで」のグループに入ると考え、Aグループに含まれると考えます。

 

 これをふまえて、補助金の「期待値」と「想定費用」さらには「便益」を概算してみます。
 ものづくり補助金(一般型)における補助金額が1000万円であるため、採択率が4割であれば「期待値:400万円(1000万円×0.4)」、報酬額が10%であれば「想定費用:100万円(1000万円×0.1)」といった具合に算出します。
 そして、期待値から想定費用を引いたものを、「便益」と仮定します。

 

申請方針 想定費用 期待値 便益
@支援なし 0円 400万円 400万円
A報酬10% 100万円 500万円 400万円
B報酬15% 150万円 600万円 450万円

 そうすると、意外なことに、最も便益が大きくなるのが、報酬割合の高い「B報酬15%」の場合であることが伺えます。

 

 くわえて、「@支援なし」と「A報酬10%」の便益が同じ数値(400万円)となりますが、果たして、これは実質的に「同じ便益」といえるでしょうか。
 確かに、数値上の便益はどちらも同じ400万円ですが、「A報酬10%」の場合にはアウトソーシングできた作業(事業計画書の作成など)を、「@支援なし」の場合には申請者自身で負担することになり、申請報酬以外の負担を考慮すると、「@支援なし」の便益は、「A報酬10%」に劣ると考えられます。

 

 すなわち、感覚的には、「@支援なし」のほうが、負担も少なく便益も多くなると思いがちですが、今回のデータからは、反対の結論(「@支援なし」のほうが負担も多く、便益も少ない)という結論が導かれます。

【結論】申請報酬は高いのか?

 さて、最初の話に戻りますが、申請報酬は「高い」のでしょうか?

 

 まず、「報酬割合が高いほうが、採択率が高まる」ことは、データから読み取れます。
 くわえて、期待値から想定費用を引いた「便益」という観点からも、「報酬割合が高いほうが、メリットが大きい」ことが伺えます。
 そのため、申請報酬は、決して「高い」ものではなく、得られるメリットに比して負担の少ない「お値打ち価格」であると考えます。

 

 「高い」「安い」という判断は感覚的なものでもあるため、一方的な決めつけは致しかねますが、補助金を積極的に活用している企業は、この仕組みに気づいていることをご理解いただけると幸いです。。

★補足★

 このように、弊所は、お客様の事業内容を、データを駆使して、説得的に説明させていただきます。補助金申請をお考えの方は、ぜひ弊所の活用をご検討ください。

参照

業務内容・報酬額
補助金の不採択理由の検討と分析
申請書の分析・検討・添削

お問い合わせ

お問い合わせ

 電話:050-3555-7830(平日:10〜18時)
 Mail:メールフォーム

★補助金全般については「トップページ」をご参照ください。
★支援者の選び方について「支援者(コンサル)の選び方」をご覧下さい。
★弊所の業務内容・報酬額については「業務内容・報酬額」をご参照ください。
★お見積もり・お問い合わせは「メールフォーム」をご利用ください。

 

page top