補助金の解説と申請をサポート

持続化補助金の補助対象経費

お問い合わせ

 電話:050-3555-7830(平日:10〜18時)
 Mail:メールフォーム

補助対象経費の要件

 補助対象となる経費は、以下の条件をすべてを満たす必要があります。

共通(一般型・リスク型)

@使用目的が本事業の遂行に必要なものと明確に特定できる経費
A交付決定日以降に発生し対象期間中に支払いが完了した経費
B証拠資料等によって支払金額が確認できる経費

低感染リスク型ビジネス枠

C補助対象経費の全額が対人接触機会の減少に資する取組であること
D申請する補助対象経費については具体的かつ数量等が明確になっていること
★(Aの例外)2021年1月8日以降に発生した経費をさかのぼって補助対象経費とすることが認められます。

補助対象経費の費目

共通(一般型・リスク型)

機械装置等費

 事業の遂行に必要な機械装置等の購入に要する経費

広報費

 パンフレット・ポスター・チラシ等を作成するため、および広報媒体等を活用するために支払われる経費

展示会等出展費

 新商品等を展示会等に出展または商談会に参加するために要する経費
★低感染リスク型ビジネス枠は「オンラインによる展示会等」に限る。

開発費

 新商品の試作品や包装パッケージの試作開発に伴う原材料、設計、デザイン、製造、改良、加工するために支払われる経費

資料購入費

 事業遂行に必要不可欠な図書等を購入するために支払われる経費

雑役務費

 事業遂行に必要な業務・事務を補助するために補助事業期間中に臨時的に雇い入れた者のアルバイト代、派遣労働者の派遣料、交通費として支払われる経費

借料

 事業遂行に直接必要な機器・設備等のリース料・レンタル料として支払われる経費

専門家謝金

 事業の遂行に必要な指導・助言を受けるために依頼した専門家等に謝礼として支払われる経費

設備処分費

 販路開拓の取組を行うための作業スペースを拡大するなどの目的で、当該事業者自身が所有する死蔵の設備機器などを廃棄・処分する、または借りていた設備機器等を返却する際に修理・原状回復するのに必要な経費

委託費

 上記に該当しない経費であって、事業遂行に必要な業務の一部を第三者に委託(委任)するために支払われる経費

外注費

 上記に該当しない経費であって、事業遂行に必要な業務の一部を第三者に外注(請負)するために支払われる経費

 

一般型のみ

旅費

 事業の遂行に必要な情報収集や各種調査を行うため、および販路開拓等のための旅費

専門家旅費

 事業の遂行に必要な指導・助言等を依頼した専門家等に支払われる旅費

 

低感染リスク型ビジネス枠のみ

感染防止対策費

 該当する業種別ガイドラインに照らして実施する必要最小限の新型コロナウイルス感染症感染防止対策を行うために支払う経費
★補助金総額の1/4(最大25万円)が上限。ただし、緊急事態宣言の再発令による特別措置を適用する事業者(※)は1/2(最大50万円)が上限。
※2021年1月から同年3月までの期間のいずれかの月の月間事業収入が2019年又は2020年の同月と比較して30%以上減少した事業者

お問い合わせ

 電話:050-3555-7830(平日:10〜18時)
 Mail:メールフォーム

★補助金全般については「トップページ」をご参照ください。
★持続化補助金については「小規模事業者持続化補助金」をご参照ください。
★報酬額については「報酬額」をご参照ください。
★お見積もり・お問い合わせは「メールフォーム」をご利用ください。

 

page top