採択率の底上げと不採択理由の分析・再申請

産業構造転換枠(事業再構築補助金)

 

 

 

お問い合わせ

 電話:050-3555-7830(平日:10〜18時)
 Mail:メールフォーム

 



申請書の分析・添削

 

 

補助金のご相談

概要・補助金額・補助率

概要

 国内市場縮小等の構造的な課題に直面している業種・業態の中小企業等が取り組む事業再構築を支援

 

補助金額
従業員数 下限 上限
20人以下 100万円 2,000万円
21〜50人 100万円 4,000万円
51〜100人 100万円 5,000万円
101人以上 100万円 7,000万円

(※)廃業を伴う場合には、廃業費を最大2,000万円上乗せ

 

補助率
補助対象者 補助率
中小企業者等 2/3
中堅企業等 1/2

 

補助対象事業の要件

@事業再構築要件

 事業再構築指針に示す「事業再構築」の定義に該当する事業であること

 

A認定支援機関要件

 事業計画について認定経営革新等支援機関の確認を受けていること。補助金額が3,000万円を超える案件は認定経営革新等支援機関及び金融機関(金融機関が認定経営革新等支援機関であれば当該金融機関のみでも可)の確認を受けていること

 

B付加価値額要件

 補助事業終了後3〜5年で付加価値額の年率平均3.0%以上増加、又は従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0%以上増加する見込みの事業計画を策定すること

 

C市場縮小要件

 現在の主たる事業が過去〜今後のいずれか10 年間で、市場規模が10%以上縮小する業種・業態に属しており、当該業種・業態とは別の業種・業態の新規事業を実施すること、または地域における基幹大企業が撤退することにより、市町村内総生産の10%以上が失われると見込まれる地域で事業を実施しており、当該基幹大企業との直接取引額が売上高の10%以上を占めること

 

<DEは既に過去の公募回で採択又は交付決定を受けている場合>

 

D別事業要件

 既に事業再構築補助金で取り組んでいる又は取り組む予定の補助事業とは異なる事業内容であること

 

 既存の事業再構築を行いながら新たに取り組む事業再構築を行うだけの体制や資金力があること

補助事業実施期間

 交付決定日〜12か月以内(ただし、補助金交付候補者の採択発表日から 14か月後の日まで)

補助対象経費

〇建物費
〇機械装置・システム構築費(リース料を含む)
〇技術導入費
〇専門家経費
〇運搬費
〇クラウドサービス利用費
〇外注費
〇知的財産権等関連経費
〇広告宣伝・販売促進費
〇研修費
〇廃業費

お問合せ

お問い合わせ

 電話:050-3555-7830(平日:10〜18時)
 Mail:メールフォーム

★補助金全般については「トップページ」をご参照ください。
★事業再構築補助金については「事業再構築補助金」をご参照ください。
★報酬額については「報酬額」をご参照ください。
★お見積もり・お問い合わせは「メールフォーム」をご利用ください。

 


 
トップページ IT導入補助金 持続化補助金 事業再構築 省力化補助金 報酬額